2013年3月アーカイブ

3月31日日曜日


オンコセラピーの大幅下方修正で心配していたバイオ関連、特に臨床関連に好材料となるニュースが出ました!


3月29日に開かれた政府の産業競争力会議において、安倍首相が日本発の医薬品及び医療機器開発を加速させ、成長戦略を強力に推進するため、米国の国立衛生研究所(NIH)の日本版となる医療政策の司令塔となる新組織を早急に作るよう関係閣僚に指示しました♪

日経新聞によると、安倍首相が自ら「研究と臨床がつながっていない事が革新的な治療手段を実用化するネックになっている。研究と臨床の橋渡しや研究費の一元的配分の司令塔機能が必要」と発言。臨床の重要性を示唆♪


オンコショックとならないか、まだ週明け4月1日のザラ場の感じを見ないと安心できませんが、

 

新日本科学 → イナリサーチ → カイノス → JCLバイオアッセイと順番に火がついてきた臨床関連が一斉高となるかも!?


まずは、本命格の2395新日本科学が、再スタートとなるか!?

を見届けたいところ。

前臨床試験受託大手。2月13日に発表した京都大学iPS細胞研究所との共同研究を好感し、S高連発で3月7日にかけ2508円へ急騰。2月13日安値316円からだと約8倍高までになっている銘柄(^^:

急反落後、19日安値1236円から再上昇。22日は1910円を高値に長い陰線を引いて売り直されたけど...。

4571ナノキャリアや2370メディネットが1月高値から急反落した後、再上昇に転じ、2月末から3月初めにかけ新値更新を果たした経緯があります。(ここ重要♪)

 

続いて、8508Jトラストと8515アイフルが組み入れ比率上位である事が判明したJPモルガン・アセット・マネジメントの日本株投資信託「JPMザ・ジャパン」の詳細が分かったので、お知らせしておきます。

「JPMザ・ジャパン」と「JFザ・ジャパン」の2つあって紛らわしいんですけど、名称変更しただけで同じモノです!

 

「JPMザ・ジャパン」2013年1月31日現在で
第1位 Jトラスト(組入比率5.4%)
第2位 ナノキャリア(組入比率4.7%)
第3位 新生銀行(組入比率4.3%)
第4位 アイフル(組入比率4.0%)
第5位 レーサム(組入比率3.3%)
第6位 トーセイ(組入比率2.8%)
第7位 レオパレス21(組入比率2.6%)
第8位 メディネット(組入比率2.5%)
第9位 日立造船(組入比率2.5%)
第10位 ケネディクス(組入比率2.4%)

 

「JFザ・ジャパン」2012年12月28日現在で
第1位 Jトラスト(組入比率9.2%)
第2位 アイフル(組入比率6.2%)
第3位 新生銀行(組入比率4.9%)
第4位 レーサム(組入比率3.9%)
第5位 オリエントコーポレーション(組入比率3.7%)
第6位 レオパレス21(組入比率3.2%)
第7位 ケネディクス(組入比率3.0%)
第8位 栗本鉄工(組入比率2.7%)
第9位 トーセイ(組入比率2.4%)
第10位 間組(組入比率2.2%)

 

一個前の記事は大分前に書いたやつで...。当時はオンコショックが怖くて、、、

 

実は週末友人の結婚式だったんですが...全然楽しめず(^^;

祝辞をお願いされていたんですが、オンコで頭いっぱいみたいな(笑)イヤーな週末だったんですが、ちょっとだけ明日が来るのが怖くなくなりました(笑)。

 

あたしの人生って単純〜♪

 

 

 

 

 

週末の東京株式市場は、朝方売られましたが、昨夜のNY市場でNYダウとS&P500が史上最高値を更新した流れを受け小反発。日経225は、61.95円高の1万2397.91円で大引けとなりました。


懸念されたキプロスの銀行営業再開が大きく混乱しなかった事が好感された感じ♪


3月26日(27日午前1時)に...。

「今のところ、日経225は3月21日にかけ1万2650円へ一段高。昨年11月15日から始まったアベノミクスによる上昇が続いた後、1万2500円台を突破した達成感にキプロス問題が加わり、上昇一服となってきましたが、4月3日~4日には黒田・新日銀総裁による初めての日銀金融政策決定会合が開催。大胆な金融緩和策が期待されます。今回のキプロス問題のような悪材料が飛び出さなければ、日柄的に今週末の3月末から来週4月初め辺りを起点に一段高へ向かうのではないでしょうか」


と書いた通り...。

よほどの悪材料が飛び出さない限り、日柄的に本日3月29日から来週4月1日辺りを起点に一段高へ向かうと思うのですが...。さてさて(^^*

 

さて、引き続き、個別材料株にとっては全体相場がもみあっているくらいの方が活躍しやすい場面ということも手伝っていい感じで継続♪

今日もまずは、8508Jトラスト。

本日29日終値は365円高の3335円で高値引け♪6連騰した後、1日休んで本日で5連騰!25日より上場来高値を更新して青天井相場入りとなっていますが...。

今日は、日経新聞が『JPモルガン・アセット・マネジメントが4月より日本株投資信託「JPMザ・ジャパン」の販売を再開する』と報じた中で、な・な・何とアイフルと共にJトラストが組み入れ比率上位である事が判明〜♪(^▼^ヒャッポー(笑)

この投信は直近半年で基準価格が約9割高。上限1000億円だったのを、倍の2000億円に引き上げて4月から販売を再開するそうです。

Jトラストについては、「フミの株が好き」のホームページを再開した26日(27日午前1時)に...。

「ここにきて本領発揮!昨年中より各種雑誌などで取り上げてきましたが、昨年秋以降のバイオ・バブルの急騰に比べると投資効率が悪く、影が薄い存在になっていました。

この間も、順調に上昇トレンドを歩んでいたのですが、3月21日に買い気配で急上昇。2000円台に乗せきました。3月中盤に発売された新四季報が、業績予想を大幅上方修正♪昨年11月7日に会社側が発表した2013年3月期最終利益は115億6400万円予想。予想EPS186.15円。これに対し、新四季報では、2013年3月期最終利益が150億円予想。予想EPSも240.1円。2014年3月期最終利益も前期比16%増の175億円予想。予想EPS280.1円。

テクニカル的には、さすがに短期指標が過熱気味だけど、本日終値2600円でも来期予想PER9倍台。まだ割安と言えるでしょう」

と書きましたNE-♡本日終値3335円でも、四季報の来期予想PER11倍台。まだ割高とは言えないんです。本当に凄い株になってきました♪


いろいろな株を売ったり買ったりするけど、長期で安心して持てて...株価数倍高なんてのはなかなかあるようで無いんですよねー。

こういった銘柄を大事に持てて、失敗した銘柄はしっかりと損切りが出来る...。これさえすれば、株式投資は2勝8敗でも勝てる=勝率ではないって意味がよくわかりますよね♪

 

 次に、8515アイフル。
本日29日終値は1円安の625円。小反落。26日(27日午前1時)に...

「Jトラストと同業種のノンバンク(消費者金融)。機関投資家の決算対策と見られる売りに、もみあいを下放れていましたが、21日朝安から突然のS高買い気配!

今年の大発会1月4日にS高し、市場関係者を驚かせた銘柄でしたが...

実はこの日、途中でS高に張り付いちゃったから出来高が増えず、売買代金ランキング1位の座を8585オリコに奪われたのは記憶に新しいと思います!

2位に甘んじましたが、実質買い人気トップだったと言え、9日にかけ769円へ急騰。新値追いが続いた後、調整していました。3月21日のS高が、大発会1月4日のS高からの急騰再演となるか!?」と書きました!

28日にかけ648円へ上昇。戻り高値更新が続きました。


株式市場では大発会に一番売買高を伴った銘柄がその年のスター銘柄になるというジンクスがあります。不幸中の幸いならぬ、幸い中の不幸で(笑)2位に甘んじたアイフル!

さてさてどうなるか?

続いて、バイオ関連と共に買い人気が続く不動産・株式始め投資関連株は...。

8739スパークスが、新値追い!
本日29日終値は1380円高の1万7930円。一時1万7980円へ上昇♪


3月27日の場中に「再動意で1万5000円超え♪」と掲載しました。独立系投資顧問。香港、韓国に資産運用子会社を保有。東北復興支援ファンドや、不動産投資、再生エネルギーファンドなどを組成。ここ数年、赤字が続いてきましたが、四季報で2014年3月期より黒字転換予想。相場環境が業績にダイレクトに反映するため予想は難しいですが、それだけにアベノミクスで株価や不動産価格が上昇していけば、業績急変貌を遂げる可能性があります。

また増し担保規制が掛かり急落後もしっかりとした値段で調整が続いて居てのここに来ての再上昇♪増し担保規制解除期待でも注目ですNE♪
 
8929青山財産ネットワークス
29日も終値は1300円高の4万7800円と伸び悩みましたが、4連騰で引け新値♪

3月27日の場中に「8739スパークスに続く不動産・株式を含めた投資・ファンド関連銘柄」と書きました!資産家の財産運用コンサルティング。業績も今期より回復基調です。

続いて、まだまだ目が離せないバイオ関連。

この間、先に急騰した4571ナノキャリアや4583カイオム・バイオ、2370メディネットが乱高下となる中、2395新日本科学や4570免疫生物研究所、2176イナリサーチ、4572カルナバイオなど新たなスター株が続々と登場し、銘柄が入れ替われどバイオ祭り継続中〜♪

3月27日の場中に「バイオ出遅れで本日スタート」と掲載した...。
2190JCLバイオアッセイは、4556カイノスに続き昨日2日連続S高した後だけに利食われましたが、一時789円へ一段高♪

4584ジーンテクノサイエンス
本日29日終値は230円安の3070円。
昨日のS高から反落しましたが、一時3390円へ一段高♪

26日(27日午前1時)に...。
「北海道大学発のバイオベンチャー。抗癌剤や免疫疾患を対象として抗体医薬品候補を研究開発中。今のところ赤字ですが、2月にウィズ・パートナーズへ第三者割当による第1回転換社債型新株予約権付社債及び第2回新株予約権の発行を発表

。ウィズ・パートナーズは、昨年1月26日にナノキャリアに出資した後、10月に信越化学へナノキャリア株を譲渡した投資会社だけに、思惑を呼んでいます」と掲載しました!

 

また...。
4977新田ゼラチン
本日29日終値は7円安の1287円。昨日の上場来高値更新から反落。

これも26日(27日午前1時)に...。

「7932ニッピと同業種。ゼラチンで日本1位。ペプチドが国内2位。コラーゲンが、組織培養用の研究試薬を始め、組織の自己再生、修復を促す人工皮膚や人工骨に用いられる生体材料として使用され、医療機器メーカーや大学研究機関に販売しています。再生組織工学における人の組織の自己再生、修復を促す生体材料として、精製度の高い医療用ゼラチンも開発しているようで、隠れたiPS細胞培養関連。


《iPS細胞の臨床試験受託関連で、新日本科学 → イナリサーチ》

《iPS細胞の培養関連で、ニッピ → 新田ゼラチン》って感じです」と書きましたが...♪ 

昨日28日にかけ1387円へ一段高♪

金曜日は木曜日にかけ急伸した銘柄が週末という事もあって反落しましたが、場中にも書いた通り4571ナノキャリアと2370メディネットが再上昇してきました。

ナノキャリアは、3月18日からの増し担保規制解除に続き、22日引け後の5%ルールでJPモルガンの買い増し(大量保有が2万4003株、8.33%に)が明らかになったにもかかわらず、期待外れの展開に。。。

メディネットも、この間にJPモルガン・アセット・マネジメントの大量保有が明らかとなった銘柄。

日経新聞が報じたJPモルガン・アセット・マネジメントの日本株投資信託「JPMザ・ジャパン」販売再開と関係があるのか!?と思惑を呼んでの再動意だったと思うのですが、、、

同じくこの間にJPモルガン・アセット・マネジメントの大量保有が明らかとなっていた4564オンコセラピーが、金曜日引け後に赤字転落の大幅下方修正を発表。ショックです...。久々、ブルーな週末...。


いやぁ、バイオ株に赤字はつきものだけど、黒字からの赤字転落はきついな。バイオ関連全般の買い人気に水をささなきゃいいんだけど・・・(><;;;

 

来週は、今回の臨床関連銘柄の急騰劇に火を付けた本命格である2395新日本科学が、そろそろ再上昇してくるか!?と思っていましたが、まずはオンコショックとならないか、見極めていきましょう!

ちなみに、この間の臨床関連銘柄の流れをまとめると...。

新日本科学 → イナリサーチ → カイノス → JCLバイオアッセイと順番に火がついてきましたが、元に戻って、また新日本科学に戻りそうなタイミングなんだけど・・・

最後に、来週は...。

1606日本海洋掘削を始め、6297鉱研工業などの、メタンハイドレート・レアアースの日本海洋資源関連が、そろそろ日柄的に急騰・急反落からの底打ち・再上昇に転じるかも知れませんので、チェックして置きたいところデス♪

(更新は31日ですが記事作成は3月30日)
 

8739 スパークスGが新値追い(>▼<♪

詳しい内容は下の日記を見て下さい!

 

増し担保規制掛かって一時もみ合いが長かったけど...。

現在、まだ掛かってるにも関わらず強いよね〜。外れたらどうなるんだろう(笑)

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

4571 ナノキャリア 

と...。

 

2370 メディネット

 

が再動意してきましたねー♪

メディネットは25日移動しっかりとサポートしての再動意となるか...?

ナノキャリアは5日前の下髭でその前回安値を割ってしまっているため日足では崩れているようににも見え25日移動をオーバー、そして直近高値を抜けるかが勝負ですが、、、

週足ではしっかりと13週を意識しての切り替えしです(^^

8929 青山財産ネットワークが 46000円 S高買い気配♪

スパークスGに続く不動産・株式を含めた投資・ファンド関連銘柄で買いが集中!

 

バイオの出遅れで本日再スタートなのが...。

2190 JCLバイオ 689円 S高買い気配♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

また、臨床関連で新規銘柄で昨日書いた...。(詳細は下記で)

4556 カイノス が2日連続 743円 S高買い気配♪

 

 

4842 USEN も200日移動平均を試しての再動意付き♪

8515 アイフル も昨日の予想通り急騰となり...。 622円 +33

 

となりましたぁ(^^♪ うん!素敵に気持ちがいい(笑)

 

 

8739 スパークスG 再動意で15000円越え♪

9500円からTwitterでもつぶやいて来ましたが...。
赤字続きだったものの来季黒字転換予想(四季報)。
市場拡大に昨年一躍かった不動産関連株の大穴銘柄とされています。
また、増し担保解除銘柄としても注目されます。

5805 昭和電線HD も動意付き♪
東芝発祥の電線メーカー。復興関連の一角でもあり、本日新値更新!

4651 サニックス も再動意! 563円 +37
25日移動平均を綺麗に意識した展開で再上昇入り。

2395 新日本科学 出来高伴っての現在 1609円 +100
内容は下記をご参照ください♪
第二ラウンド開始になるかな(^^。

昨日書きました、、、
4556 カイノス は本日もS高買い気配(11時現在)743円 +93

 

8508 ジェイトラスト 2760円 +160
内容は下記参照ください♪バンバン上がるバイオ祭りを横目にじーっと耐えただけあって感無量って感じ...でつNE (>▼<♪

 

注意;ザラ場中値段になっているので引け値と違うと思います。ご注意を♪

 

さて、株価が上がり始めて久しいですが、、、
別に地下に潜っていたわけでも(笑)、姿をくらましていたわけでもなく(笑)、トレードに明け暮れる日々だった若林・・・(^^♪


若林のセミナーや講演会を聞きに来て下さった方は分かると思いますが、2008年以降ずっと全体は上がらず、2012年年末から2013年春から世界市場含め回復すると予想していたんですけどねー。


いろいろな雑誌等でも書いて来たんですが...。誰も結果論を褒めてくれない現実(笑)
なので自分から久々発信しようと思いましたぁ(>▼<♪ ナーンテネ


Twitter(fumie_doru)はだいぶやってますが自身のオフィシャルブログは久々...。

 

改めて皆様、よろしくお願い致します♪

さてさて...。
本日の東京株式市場は、日経225が74.84円安の1万2471.62円で大引け。小反落となりました。


昨日は、ユーロ圏とキプロスが国内の2大銀行を再編することで基本合意。キプロス支援問題がほぼ決着し、破綻回避に向かったことを好感し、急反発しました。


が...債務問題を抱える欧州諸へキプロス・モデルとして銀行預金課税が飛び火する可能性が懸念された感じでしたね!今のところ、日経225は3月21日にかけ1万2650円へ一段高。


昨年11月15日から始まったアベノミクスによる上昇が続いた後、1万2500円台を突破した達成感にキプロス問題が加わり、上昇一服となってきましたが...。
4月3日~4日には黒田・新日銀総裁による初めての日銀金融政策決定会合が開催。大胆な金融緩和策が期待されます。


今回のキプロス問題のような悪材料が飛び出さなければ、日柄的に今週末の3月末から来週4月初め辺りを起点に一段高へ向かうのでは(^^♪

さて、個別材料株にとっては全体相場がもみあっているくらいの方が活躍しやすい場面ということもあり、本日も個別材料株乱舞の地合いが継続♪

まずは、8508Jトラスト

ここにきて本領発揮!本日26日終値は81円高の2600円。一時2676円へ一段高♪昨日より遂に上場来高値を更新!青天井相場入り。

昨年中より各種雑誌などで取り上げてきましたが、昨年秋以降のバイオ・バブルの急騰に比べると投資効率が悪く、影が薄い存在になっていましたけどイイ感じになって来ましたぁ。

実は昨年11月からずっと各方面で注目銘柄として挙げて来たんだけどね!Twitterでも♪とは言っても順調に上昇トレンドを歩んでいたのですが、3月21日に買い気配で急上昇。2000円台に乗せきました。

3月中盤に発売された新四季報が、業績予想を大幅上方修正♪昨年11月7日に会社側が発表した2013年3月期最終利益は115億6400万円予想。予想EPS186.15円。これに対し、新四季報では、2013年3月期最終利益が150億円予想。


予想EPSも240.1円。2014年3月期最終利益も前期比16%増の175億円予想。予想EPS280.1円。


テクニカル的には、さすがに短期指標が過熱気味だけど、本日終値2600円でも来期予想PER9倍台。まだ割安と言えるでしょう(^^V  目先調整は然るべくあるかも知れませんが強気で攻めたいところ!

次に、8515アイフル。
本日26日終値は11円安の589円。反落しましたが、一時615円へ上昇♪

Jトラストと同業種のノンバンク(消費者金融)。機関投資家の決算対策と見られる売りに、もみあいを下放れていましたが、21日朝安から突然のS高買い気配!

今年の大発会1月4日にS高し、市場関係者を驚かせた銘柄でもありますが、この日、途中でS高に張り付いちゃったから出来高が増えず、売買代金ランキング1位の座を8585オリコに奪われ、2位に甘んじましたが、実質買い人気トップだったと言え、9日にかけ769円へ急騰。新値追いが続いた後、調整していました。


3月21日のS高が、大発会1月4日のS高からの急騰再演となるか!?

続いて、まだまだ目が離せないバイオ関連。
この間、先に急騰した...。

4571ナノキャリア

4583カイオム・バイオ

2370メディネット

 

。。。が乱高下となる中、2395新日本科学や4570免疫生物研究所など新たなスター株が続々登場し、バイオ祭りが続いています。

4571ナノキャリアが、先週からの増し担保規制解除に続き、22日引け後の5%ルールでJPモルガンの買い増し(大量保有が2万4003株、8.33%に)が明らかになったにもかかわらず、昨日売られたのはショックでしたが、昨日安値から持ち直し。

2370メディネットも昨日安値から反発。

563アンジェスMGがS高買い気配!

増し担保規制解除を好感した4573アールテックウエノが一時急伸。

4564オンコセラピーが続伸。

2176イナリサーチも、昨日2日連続S高とあって大引けは18円高の1075円とさすがに利食われましたが、一時1280円へ一段高♪


2395新日本科学と同業種の非臨床試験受託。S高連発で13日にかけ980円へ急騰した後、19日にかけ707円へ急反落していたけど、22日付け日経産業新聞に「iPS細胞を使う再生医療の研究受託事業を月内に始める」と報じられ、907円S高買い気配で大引け♪

会社側も、場中にiPS細胞研究ならびに再生医療の発展に向けた移植寛容型カニクイザルモデルを開発したと発表し、新日本科学に続く短期急騰劇となりました♪


7932ニッピも、急反発。
本日26日終値は99円高の1800円。一時1825円。

ゼラチン、コラーゲン、化粧品などを展開していますが、大阪大学、京都大学から技術使用権を得てiPS細胞の培養を助けるタンパク質を年内に発売します。
このタンパク質が従来の20倍の能力があり、iPS細胞培養関連として、3月14日にかけ1999円へ急騰した後、一服から昨日...。

4977新田ゼラチンに続き再上昇となってきました。

4977新田ゼラチンは、反落。本日26日終値は24円安の1244円。
ニッピと同業種。ゼラチンで日本1位。ペプチドが国内2位。コラーゲンが、組織培養用の研究試薬を始め、組織の自己再生、修復を促す人工皮膚や人工骨に用いられる生体材料として使用され、医療機器メーカーや大学研究機関に販売しています。
再生組織工学における人の組織の自己再生、修復を促す生体材料として、精製度の高い医療用ゼラチンも開発しているようで、隠れたiPS細胞培養関連。

iPS細胞の臨床試験受託関連で、新日本科学 → イナリサーチ、

iPS細胞の培養関連で、ニッピ → 新田ゼラチンって感じです。

この臨床試験受託関連として本日新たにS高発進したのが、4556カイノス。
本日26日終値は100円高の650円S高買い気配。臨床検査薬のメーカー。業績も好調。

新日本科学 → イナリサーチ → カイノスとなるか!?(>▼<♪

2395新日本科学も、再び再上昇となるか目が離せません。

本日26日終値は34円安の1509円。前臨床試験受託大手。2月13日に発表した京都大学iPS細胞研究所との共同研究を好感し、S高連発で3月7日にかけ2508円へ急騰。2月13日安値316円からだと約8倍高に。


急反落後、19日安値1236円から再上昇。22日は1910円を高値に長い陰線を引いたけど、ナノキャリアや、メディネットが1月高値から急反落した後、再上昇に転じ、2月末から3月初めにかけ新値更新を果たした経緯があります。

また、次なるバイオ関連のスター候補株として、
4584ジーンテクノサイエンスも、見逃せませYO-!

本日26日終値は201円高の2814円。一時2819円。

北海道大学発のバイオベンチャー。抗癌剤や免疫疾患を対象として抗体医薬品候補を研究開発中。今のところ赤字ですが、2月にウィズ・パートナーズへ第三者割当による第1回転換社債型新株予約権付社債及び第2回新株予約権の発行を発表。

ウィズ・パートナーズは、昨年1月26日にナノキャリアに出資した後、10月に信越化学へナノキャリア株を譲渡した投資会社だけに、思惑を呼んでいます。

さて、ツラツラっと書きましたが...。
実はとあるところ(他社HP)では、注目銘柄としてもっと安いところから大注目して来た銘柄ばかり♪

ここでも今後たくさん書いていきたいと思いますので、久々改めてよろしくです(^^V

あ!ザラ場中も突然の銘柄だけの更新もあるカモ?!なのでお楽しみデス♪

 

笑えて儲かる”株メルマガ”兜町Aチームの絶対リターン大作戦

お問い合せ

フミへのお仕事のご依頼や、お問合せは
contact☆fumie-w.com
までお願い致します。

※迷惑メール対策として、@を☆に代えて記載しております。 メール送信の際にはお手数ですが、☆を@に変更してご使用ください。
※投資助言・代理業務は行っておりません。具体的な売買のご案内・ご指示は致しかねますのでご了承下さい。
≦(._.)≧ ペコ
お気に入りに追加
動画配信サイト インベスターズTV
とれまが 人生フミ上げ日記

リンク集♪

携帯URL